【就活生向け】初任給にだまされるな。大事なのはその後の年収カーブ

毎日を楽しむヒント

人が1分間で読める文字数はおよそ400〜600文字。
本ブログでは一記事3分以内(Max1800文字)で読めるよう簡潔に記載しています。

【このブログ記事の文字数:2136文字】

熊手君
熊手君

就職するなら初任給が高いところがいいな!

人生繁盛
人生繁盛

いやいや大事なのはその後の年収カーブだよ!

今日は就職活動するにあたり大事なお給料について考えてみたいと思います。

初任給はどこも同じだが徐々に差が出る

やっぱり人の給料、年収って気になりますよね。

東洋経済などの雑誌がたまに特集であげてますが、本屋で読み込んでいる人をよく見かけます。

それによって自分の立ち位置を相対的に確認したり、ランキング上位の会社の仕事をイメージしていることでしょう。

大学卒で会社に入った当初は大体の人が同じような給料で、おそらく今では20万円前後でしょうか。

そこから紆余曲折を経て徐々に開きが出てきます。

そうですね。勤続10年程度、つまり30そこそこですでに差が出始め、40代では年収にして数百万円程度の差が発生していたりすると思います。

これだけの差となると生涯を通じてもらう生涯賃金というのもそれなりに大きな差となって現れるでしょう。

就職先としてどんな企業を考えるのか



もちろん、世の中すべてお金というつもりはありませんが、なかなかそう割り切れる人も少ないでしょうし、どうしたって羨ましくもなると思います。それが人の性(さが)というやつです。笑

ということで、やはり大事なのは就職する際にある程度給料の水準を把握しておくことなんですよね。

ただ就職活動の段階では初任給しか目がいっていないと思います。

もちろん給料カーブの出発点も重要ですが、それ以上に重要なのはカーブの角度であり、ピークを迎える額とタイミングですね。

とはいえ、なかなかこういう情報を目にすることはないと思います。

それこそ、東洋経済などの雑誌がタイミングよく特集を組んでいれば目にするかもしれませんが、知りたいときにタイミングよく出るとは限りません。

そこで今回は簡単に調べる方法をお教えします。

有価証券報告書にたくさんの情報が開示されている

実は上場企業の場合、株主などに対して会社の状況を細かく開示しないといけません。

そこで有価証券報告書というものを四半期ごとに作成し、「いま当社はこのような状況です」という報告を行っています。

これら有価証券報告書は各企業のホームページに張り出されます。

多くのユーザーはその企業の製品等しか見ないので気が付かないかもしれませんが、ホームページの中に「投資家の皆さま」といったコーナーがあり、この中に張り付けられています。

大体100ページくらいの報告書になっており、大企業だと150~200ページにものぼる詳細な報告書です。

この中にこの企業の給料水準が開示されています。

具体的に見てみたいですよね。

そこでさっそくいくつか調べてみました。ご覧ください。

こちらはソフトバンクです。

40歳で782万1千円となっています。十分高い水準ですね。

ちなみにここに記載の給与は時間外の手当やボーナスを含んだものであり、税引前の水準になっているケースがほとんです。

つぎはトヨタ自動車です。

こちらも同じく40前後で、その額なんと!865万円。またここでは1円単位まで開示しています。

おそらく技術職と事務職でも差があると思います。

最後に三菱商事です。

出ました!!!

43歳弱でなんと!1632万円です!!!

まさしく桁違いの高さです!

初任給はどこも同じような水準かもしれませんが、このように働き盛りの頃には数百万単位で差が出るということがお分かり頂けたと思います。

ちゃんと調べないと損

さすがは有価証券報告書だけあって詳細に、赤裸々に書かれています。

ただ、もちろんこれらは”平均給与”ですので、全員が全員このとおりというわけではないですが、非常に参考になる数字ではないでしょうか。

繰り返しになりますが、仕事は給料だけでなく、やりがいや特技が活かせる、将来性などいろいろな観点から選択するものです。

一方で、(こう言ったらなんですが)なんにも考えていないという人も少なからずいるのではないでしょうか。

採用を決めてくれたところに就職する、みたいな・・・。

ただ、一度きりの人生ですし、人生の大半の時間を費やすのが仕事というわけですから間違った選択は避けたいですよね。

その際にまずは自分で色々と調べることが重要なわけですが、給料についても詳細に開示されているということを理解して頂ければと思います。

<こちらの記事も読まれています>

【就活生向け】どこを見る?何を考える?企業選びのポイントとは

【就活生向け】就活生の目線ではなく、投資家目線で企業を選ぶ

自己啓発の最強本『夢をかなえるゾウ』。私なりの学び、感想、まとめ

いくら持ってるの?銀行員の資産公開(2021年3月末時点)

理想の自分になれる!大谷翔平選手も実践。夢を叶えるマンダラート

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント