【プログラミング学習】Vue.js、いよいよ最終章

プログラミングの始め方

人が1分間で読める文字数はおよそ400〜600文字。
本ブログでは一記事3分以内(Max1800文字)で読めるよう簡潔に記載しています。

【このブログ記事の文字数:1188文字】

熊手君
熊手君

僕のプログラミング学習の進捗状況です。皆さんの励みになったら嬉しいです!

Vue.jsを勉強する際に使用している書籍の第6章に入りました。

この後におまけがありますが実質最終章です。

プログラミング学習をしていると、

いま自分がプログラミング学習という山の何合目にいるのかな

とふと思うことがあります。恐らく山頂はまだまだ遠くにあるのでしょうし、去年からかじり始めた程度で「何合目とか言うな!」という話なのでしょうが、どうしても他者との比較というか相対化したくなります。

でもそれもおのずと見えてくるのでしょう。

如何に自分が非力であるということが・・・

ですので、まずはこの第6章に集中します。

ちなみにこの第6章でFirebaseというデータベースサービスを使うのですが、たまたま今日見たYouTubeでFirebaseの話が出てきて、「フロントエンドのエンジニアが少しこれを勉強すればバックエンドのエンジニア不要」みたいなことを言っていました。

何のことやらさっぱりわからなかったので調べないといけないなと思っていたところで偶然にもFirebaseが出て来たのでびっくり!

と同時になんとも得した気分になりました。

まぁ、こんな小さな幸せを拠り所に勉強を進めていきます。

これまで繰り返し述べて来た、6月までは知識の広がりを意識して、7月からは深掘りを意識してという方向性に今のところ変更はありません。

ひょっとしたら、深掘りの過程でぶ厚い岩盤が現れ、まったく歯が立たないという事態に陥るかもしれません。その結果、もう一度道具を研いだり、新調したりすることも必要になるかもしれませんが、それはそれということでその時また考えます。

いずれにしてもPDCAのサイクルをきちんと回して軌道修正すべき時が来たら柔軟に軌道修正していければと思います。

それといつまでも模写だけでは力が付かないので自分なりの作品を作らないといけないわけですが、これがなかなか厄介ですね。

ゼロから何かを作るというのはアイデアを出すだけでも結構苦労します。

ただ、別に世に出すような話ではないですし、まずは手を動かくことが大事なので適当に思いついたものを作っていきたいと考えています。

暇なときにあれこれ検討して、いま、いくつかゆるいアイデアを貯めこんでいます。

まだ今はまったく先が見えない状況ですが、何の損得もなければ、しがらみもない中で好き勝手に出来るこの時間というのは貴重ですし、一番楽しい時期かもしれません。

そう考えてこの6月もがんばります。

<こちらの記事も読まれています>

理想の自分になれる!大谷翔平選手も実践。夢を叶えるマンダラート

いくら持ってるの?銀行員の資産公開(2021年3月末時点)

資産を築くためには資産に気づくことが大事!3ヶ月に一回やる作業

一石三鳥?!入浴中の読書がダイエット、気分転換、自分磨きに最適

「己の限界を知る」ということが思いのほか自分の人生にとって大事だった

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント